読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗車のページ日記

洗車ページを作成した経緯や主旨を日記につづっています。

スポンサーリンク

洗車道、そして、洗車ページのコンセプト

洗車のページ日記 洗車について(総合) 洗車

Facebook「洗車のページ」(以下、洗車のページと記載)で「洗車道」に触れたので、あらためてまとめておこうかなぁ~・・・と思い、更新です。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

まず、私の「洗車道」については、こちらのリンクを読んでください。

 

1000syablog.hatenablog.com

 

そして、洗車のページのコンセプトは、以下のリンクを読んでください。

 

1000syablog.hatenablog.com

 

また、洗車のページのスタンスは、こちらを・・・

 

1000syablog.hatenablog.com

 

上記の記事にも書いた様に、『メーカーの垣根に問らわれず、洗車の方法等の敷居を低くし、忌憚のない意見を見聞きできるそんなページにしたい・・・』というのがスタンスで、なるべくメーカーや業者さんの宣伝にならず、自分が興味を持った商品を取り上げ、実際に使用したレビューを書きたいという思いがあります。

 

それとは別に、最近、洗車のページを更新していてある言葉を思い出しています。

それは、「無法を以って有法と為し、無限を以って有限と為す」という言葉です。

 

f:id:takafd21117:20170212144041p:plain

※上記の画像はネットからの流用です。

 

「型を持たないこと。型は越えなければならない。」

一言で言えば、「型にとらわれるな」ということですね。

これを読んで「この言葉は・・・もしかして・・・」と思われた方は、恐らく同年代の方かもしれませんね。

そうです。ブルース・リーの言葉です。

 

洗車をするにあたり(洗車の方法を書くにあたり)この様にしなくちゃいけない。

という言葉をよく使います。

確かに傷を付けない等、基本を大事にしなくてはいけない部分はあります。

しかし、その基本を元に「創意工夫・試行錯誤」することに楽しみがあるんですよね。

だから、ブログを始めFacebookページも同様、個人が作っているものですし、こだわりは必要ですが、型にとらわれることなく進化していけば良いんじゃないかと考えたりしています。

そういう意味では、使用する洗車用品もカー用品店で購入できる用品だけでなくても、自分自信の洗車道やコンセプトに合った用品をこだわって使っていけば良いんじゃないかなぁ~と思ったりしています。

 

これもまたブルースリーの言葉ですが、「常に自分自身であれ。自分を表現せよ。自分の中に信念を持て」という言葉があります。

この言葉の通り、趣味や人生を楽しんでいきたいと思います。

 

広告を非表示にする