洗車のページ日記

洗車ページを作成した経緯や主旨を日記につづっています。

スポンサーリンク

水洗い洗車

私の水洗い洗車

 

そんな事どうでも良い・・・と言われそうですが、コイン洗車場での洗い方を紹介したいと思います。

一般的な洗車の方法は上から下へという流れですが、コイン洗車の場合、当然の事ですが、高圧洗浄機を利用する為に時間が限られています。

洗う場所と拭き上げの場所も違います。ですから、単純に上から下へと洗う事ができません。

ですから、私の場合、まずはバケツと加圧式噴霧器を使いホイールを洗います。

f:id:takafd21117:20160208200239j:plain

というのは、ボディーを洗った後、直ぐに拭き上げないといけません。また、最後にホイールを洗ってしまうとボディーに汚れが飛ぶ場合もあります。

f:id:takafd21117:20160208202336j:plain

ホーイールの洗い方等は、また別の機会にしますが、ホイールを洗ってからボディーに移ります。

 

洗車の手順

①高圧洗浄がんで上から下へと流します。

まずは流すだけぇ~♪(埃等を流す)

車底等の下回りも含めて流します。(上から下へ)

ここでTAKA’Sポイントです。

汚れがあるところは、こんな方法を実践しています。

参考にしたサイトのリンクを貼り付けますので「マイクロファイバータオルの使い方」という項目を参考にしています。

 

www.bay-coat.com

 

それでも落ちない汚れがある場合はシャンプーで洗います。(シャンプーも上から下にという順番で洗います。)

②その後、もう一度流します。(上から下へ)

③拭き上げスペースに移動した後に拭き上げます。

 (1)拭き上げの順番ですが、まず窓・・・と言いたいところですが

  ルーフ(天井)→窓→ボンネット&トランク→ドア&FUELリッド→

  フロント周り→リヤ周り→ボンネット裏→エンジンルーム

という感じで全て上から下に(水が垂れる事を想定しますが、乾いてウータースポット等が出来ない様に順番を考えつつ)素早く拭き上げています。

④車内の掃除

 

大まかにこんな手順で洗車しています。

ガラス周り(油膜取りや)は最初の水洗い前に行いますし、ガラスの撥水剤の施工やボディーのメンテナンス、コーティング等を行う場合は、車内の掃除をする前に行っています。その辺りの手順に関しては、また別の機会に書きたいと思います。

 

広告を非表示にする