読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗車のページ日記

洗車ページを作成した経緯や主旨を日記につづっています。

スポンサーリンク

洗車ページの始まり。

オートサロンに行こうか悩みつつ、今日は15時からだという事を知り、散財するなら愛車に・・・ということで愛車のオイル交換に行ったTAKAです。こんばんは。

明日からは、きっと激混みなんでしょうね。(今年はパスです。)

 

さて、今日は洗車のページの始まりについて書きたいと思います。

今回も長文になります。宜しかったら最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

前回も書きましたが、私は洗車が大好きです。

そんなに洗車したら塗装がはげちゃうよ。と言われるくらい毎週でも洗車したい派です。

因みに、私は元々潔癖症ではありませんが綺麗好きな方です。

しかし、やり始めると止まらなくなる性格でもある為、家の掃除等は敢えてあまりしない様にしています。(^^ゞ

ですから、車の掃除も以前はそこそこにしていました。

始めて購入した車から2台目までの所有車は、WAXもそこそこ・・・それこそ、洗車機にも入れましたし、水洗い後にフクピカ・ドライシートなるもので拭くだけという感じでした。

では、何故、洗車好きになったのか・・・ですが、思い返せば、一つ前に乗った車をコーティング(某カー用品店で施工)し、その保証期間が切れてからだと思います。

今でこそコーティングを施工する人が多くなりましたが、その頃は、それ程多く無かった様に思います。

その際、コーティングしたから洗車をしなくても良いというわけではなく、洗車が楽なだけで、逆にコーティングしたからこそ、マメに洗車してメンテナンスをしなくてはいけないという事を知りました。

コーティングを施工した際にメンテナンス剤というものを貰うのですが、それを年2~3回施工する必要があります。(殆どの方は、そんなキッチリやる人はいないと思いますが)恐らく、施工した時の汚れ落ち、傷が落ちる様、そして、ボディーの輝き、触り心地に魅了され、癖になったのが始まりだと思います。

そして、保証期間が切れた際の出来事ですが、店舗の都合でコーティングの商品が変わってしまい再施工が出来なくなったのです。(5年保証)

その際、今後どうやって綺麗さを保つべきか色々考えるようになりました。

初代ピカピカレインXを自ら施工したり・・・固形タイプのコーティング剤を施工したりと試行錯誤しました。その最中、諸事情でなくなく車を手放す事に・・・(諸事情は、前回のブログに書いた内容です。)

 

現在所有している愛車ですが、購入時にディーラー(これも業社でしょう)でコーティングを施工してもらいました。

前回施工した時と同様、メンテナンス剤が添付されており、勿論、それをキッチリ年3回施工するようになったのは言うまでもありません。(保証期間は今回も5年保証)

前回のブログを見ていただいた方は、お分かりになると思いますが、必死になってやっと手に入れた愛車、綺麗に乗り続けないわけがありません。

如何にしたら綺麗になるのか試行錯誤・創意工夫するようになりました。

それと同時に、コイン洗車場を利用している私は、如何に楽に、如何に速く、如何に綺麗にするかという課題があります。

これが、恐らく今後のブログに登場するであろう私の洗車のコンセプトであり、『洗車道』になります。(これチェックです!試験に出ますよ!www)

 

その課題をクリアする為、洗車ページを見ていただくと分かりますが、本当に色んな洗車用品を使いました。正直、散財したと思うような商品もあります。(直ぐに捨ててしまった事もあります。)その時、ふと、この情報を残しておこうと思ったのです。

それが、ブログに洗車用品のレビューを書くようになったきっかけです。

しかし、ブログは一度書いてしまうと再度見たい時に大変ですよね。

それを簡単にするためにホームページに「洗車のページ」と題してページを作成したのです。それが『洗車のページ』の始まりとなりました。

 

予想通り、今回も長文になってしまいました。

この続きは次回に。。。

 

今回もお付き合い有り難うございました。┏○))ペコり

 

広告を非表示にする